海外旅行保険の基礎知識

海外旅行保険の必要性や選び方を紹介しています

安心安全のために海外旅行保険に入ろう

保険によって保障される内容とは

一般的に、海外旅行保険によって保障されるのは、旅行先でケガや病気をしてしまった際の医療費や、旅行先で携行品が盗難されたり、破損したりした場合の損害などです。この他に、オプションサービスを付けることによって、飛行機が遅延したり、欠航になったりした場合の損害や、急な葬儀などによって旅行に行けなくなってしまった場合のキャンセル料などを保障してもらえることもあります。当然のことながら、保障の内容が充実していればしているほど、保険料も高くなります。自分にはどこまでの保障が必要なのかを検討して、加入する商品を決定するのが良いでしょう。

よくクレジットカードの付帯保険で海外旅行保険が付いていることから、別に海外旅行保険を契約する必要はないと考える方もいらっしゃいます。確かに、医療費や携行品損害に対する保障は、クレジットカードの付帯保険でカバーされていることが一般的です。ただし、注意が必要なのは、クレジットカードの付帯保険では、保険が適用される条件が限定されている可能性があることです。例えば、旅行代金の決済を当該クレジットカードで行わなければならなかったり、それも決済金額がいくら以上の場合などと限定されていたりします。海外旅行保険を契約しない場合には、保障の範囲と適用される条件をよく確認しておくことが必要です。なお、クレジットカードの付帯保険だけで足りない保障を補うための商品もあるので、必要に応じて追加するという方法もあります。

万全な海外旅行にするための保険選びのポイント

以上のように、海外旅行保険の必要性がお分かりいただけたことでしょう。しかしながら、数多くの保険会社から様々な商品が発売されており、どの保険に加入すれば良いのか判断できないという方も珍しくありません。そのような場合の判断基準として、キャッシュレスメディカルサービスの有無を確認するのがおすすめです。キャッシュレスメディカルサービスとは、旅行先で医療機関を受診した時に、自分で医療費を支払うことなく利用できるサービスのことを言います。通常、海外で医療機関を受診すると、一旦は医療費の全額を自己負担で支払い、後から保険会社に請求するという流れが一般的です。ところが、診察の内容によっては医療費が高額となり、立替払いをすることが難しくなり、受診できなくなる恐れがあります。このような事態を避けるため、医療費を保険会社から直接支払ってもらえるサービスです。いざという時に心強い保障なので、決め手のひとつにすると良いでしょう。

人気記事ランキング